よっ!


by shainayalou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2006年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ドク「今この時期インフルエンザが大流行してますので予防策としまして①人混みは出来るだけ避けること②家に帰ると必ず手を洗いうがいをすること③外出時はマスクをすることタダァアッシッ!マスクといっても口だけじゃなく体中の穴という穴全部にしちゃって下さい」

男「ちんぽにもですか?」

ドク「YES,ちんーぽにもです」

女「まんこにもですか?」

ドク「縫っちゃえよ」

カルッセル「ケツの穴はどうよ!?」

ドク「コルクの栓ば詰めときやい」

テリー「冗談じゃないよアンタッ!ペペッ!穴っていう穴ってねぇアンタッ!人間の体っつうのはねぇ、毛穴っつうもんがあるんだよっ!ペペッ!それわかってんのかよアンタッ!ペッペーッ!」

ドク「全身ガムテープでグルグル巻きにすりゃぁよかろうもん」

太木「ちょっとぉ、あんた何言ってんのよ、自分で何言ってんのか分かってんのこのうすらバカ。あんたみたいな男をねぇ・・いい?言うわよ?ほんとのこと言っていい?じゃいくわよ、覚悟しなさいよ・・・・・・・・・・やっぱやめとくわ、とにかくグルグル巻きはダメ!そんなことしたら死んじゃうの!」

ドク「死んだらインフルエンザもかからんですたいねぇぇええっっ!!」

本物の医者「あっはっはっはっはっ!お後がよろしいようだね皆さん、それじゃ消灯しますよ、はい、お休みなさいみなさん・・」

     “パチッ”

一同「     あ・・    」

                   〓END〓
[PR]
by shainayalou | 2006-02-13 12:36 | 作文
マジシャン「この中からあなたの好きな数字を一つだけ自分の頭の中にその数字を焼き付けて下さい。決めましたね、ハイッ!忘れちゃ・・・だめですよ・・・ハイッ!ハイッ!ハハハイッ!そしてあなた!ちょっと1万円札を私に貸して下さい。はいどうも、ピン札じゃないですか!ハイッ!ピンピンピンのピン!私のチンポもピピピピンッ!!さぁそしてこの1万円札をいったん私のこのカツラの中に収めましょうハイッ! “ピリリィィィイイーーン!ピリリィィイィーーーンッ!” はい、え?え?え?ほんまですか?ほんまにほんまに・・ほんまですか?・・・・かなぁんなぁ~・・・・・・・・・・・。ハイッ!ここに1本のロープがありますハイッ!そしてこのロープ・・プ・・プ・・んんっ!んんんんっっ!!かぁっーーー・・ぺっ!んんんっっ!!今はまだでちゃだめ!まだまだでちゃだめっ!帰れっ!帰れぇぇぇぇええええっっっ!!はぁはぁはぁはぁ・・はぁ?・・・・ハイッ!よぉ~く見てくださいよぉ~・・・このタバコをですねぇ~私のデコの中にですねぇ~・・課長!こっち!こっち!こっち!入れ食いですよ!ぁああっ!撒き餌をいっぱい捲きたまえほらっ!いっぱいいっぱい捲きたまえ君ぃぃぃぃいいいいっっ!!撒き餌は大切なんだよ!蒔いたら蒔いただけ寄って来るんだよ!マンコがマンコがマンコがいっぱいいっぱいオッパイオッパイオッパ・・ぁぁああっっ!!来た来た来たほぉうらぁぁぁぁあああっっ!!勃てたまえ!思いっきり竿を!勃てたまえ!そして思いっきり君のちんぽも勃てたまぇぇえええっっ!皮っかぶりでもいい!勃てたまえ!勃てて勃てて勃てて、剥いて勃てたまぇぇぇええええええっっ!!ハイッ!ハイッ!ハイッ!入ります!今から私がこの脱出不可能の箱の中に入って羽化するジャイアントパンダになってみせます!羽化して羽が生えて飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで♪回って回って回って回って回るぅぅぅうぅぅぅぅうぅ~♪・・・・・・・・・・いやぁぁぁああああっっ!!い・・いやぁぁぁぁぁあああああああっっっっ!!!・・・・・・・・ハイッ!!今からお見せするのはハンドパワーですハイッ!なにも触れずにこの瓶の中のトラクターを・・・・・ “ドンドンドンドンッ!ドンドンドンドンッ!” 宅急便でぇ~す!・・・・あ、はぁ~い! ガチャッ・・・・ぇ・・ぇぇぇぇええええぇぇっっ!! 先生!山本先生じゃないですか!どうしたんですか急に!ビックリしちゃいましたよぉ~先生ぃ~・・・・」

(客席)ザワザワザワザワ・・・ザワザワのザワァ~・・・・・・おいおいおいおいおいっ!!この野郎ぉ~・・・ざぁ~けやがって・・の野郎ぉ~・・・金返せこの野郎ぉぉおおっっ!!・・・・で、数字は?俺の1万円は?・・・・・てめぇざぁけやがってズラとれこの野郎っ!!俺の俺の俺の1万1万1万円!・・降りてこぉ~い!この野郎ぉぉおおっっ!!

少年J「・・・・・・・・お・・おじいちゃん・・な、何が起きてるの?いったい今何がこの会場に起きてるのぉぉぉぉぉおおおおおおおっっっっ!!!????手品は?手品はどうなったのぉぉぉおおおおっっ!!!あの人手品師じゃない!誰っ!おじいちゃん!いったいあの人はホントは誰ぇぇぇええええええっっっ!!!」

おじいちゃん「フゥォッ、フゥォッ、フゥオッ、フゥオッ!・・もう出て来ておったのか・・アキラ・ビエスモンテ・シャングリラ・アレキサンダー淵上Jrめ・・今回はちとはやかったのぉう・・・・・・フゥオッ、フゥォッ、フ・・ゴボッ・・ゲボッ・・グホォッ!オェェエエエエェーーーーッッ!!ォ・・ォォ・・ォオェェェェエエエェェーーーーッッッ!!はぁはぁはぁはぁはぁ・・・・そうじゃ、Jよ・・あの男はJの言うとうり手品師なんかじゃないんじゃよ・・・・あの男はのぉう・・あの男はのうJ・・」

おじいちゃんの頭が剥けだした・・・・そして首のところで剥けが止まり首の回りに皮が三重四重に重なりその様はさも皮が剥け剥き出しになったあまり剥けるということになれていない赤ら顔の亀頭のようであった・・て、いうかもうちんぽ自身であった、おじいちゃんは硬くなった・・コチンコチンに硬くなり来ている洋服がはち切れ全身に青筋を浮かべさせ身の丈4,5メーターほどに大きくなると泣きじゃくるJにこれでもか!これでもか!と言うほどに半ば幼児虐待的にいやというほど繰り返し同じ言葉をJに浴びせかけたおした・・・

おじいちゃん「ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!おじいちゃんの幼なじみをバカにするでない!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!おじいちゃんはチンポ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!きさまごときはおじいちゃんのちんカスッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハハイッ!ハハハイッ!ハハハハイッ!・・ハイッ!」

マジシャン「!!ッ・・・・・・ヒロシ!!・・ヒロシ・モナムーン・ヨークシャテリア・ヨハンセン越本13世!!」

おじいちゃん「イェエエスッ!ビエスモンテ!!」

ふたりは8年と2ヶ月ぶりの再開に人目もはばからず号泣しながらいつまでもいつまでも熱く熱く抱き合い、ビスモンテは大きくなったヨハンセンによじ登るとさも小学生が校庭の登り棒でオルガスムスに目覚めるように快感に浸りながら小刻みに震えながらしばらく静止するとやがてリズミカルに上下に作動しだした。それと同時にヨハンセンはなお一層その身の丈の大きさを増し7,8メーターの大きさまでそそり勃つとやがて脳天からさも100万年の眠りから目覚めた活火山の如く大量のドロドロヌメヌメした白濁色のマグマを辺り一面に大爆発大噴射させるのであった・・・・・ooOh!ザーメン!

                     〓END〓
  
[PR]
by shainayalou | 2006-02-09 22:48 | 作文